2016 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 02

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

吹雪の中

 【12//2011】

さて、今回の話は、ボクが19歳くらいのときの話です。
高校卒業して釣具店に勤務といっても、本社勤めで店舗ではないのですが

その頃の話、

当時いろんな釣りを覚えるためにいろんな釣りに挑戦してました。

基本、船に弱い(めちゃくちゃ船酔いする)ので、岸からの釣りがメインですが
今回は、船からの釣りです。
でも、海ではなく、湖。

兵庫県の生野銀山湖にトラウトを狙って釣りに行きました。
確か季節は春のまだ寒い時期です。

船(手漕ぎ)をレンタルして、数人の仲間と釣りを開始しました。
生野銀山湖は透明度が高く、魚のプレッシャーも高く、釣るのは容易ではありませんが

開始早々スプーンに強烈なアタリ!!!

魚をうまくコントロールしてランディング。
50cm近いバスでした・・・。

その後、キャストを繰り返すもアタリすらなく、湖をふらふらと移動の繰り返しです。
手漕ぎなので、風が吹くとしんどいのですが、せっかくここまで来たのだから釣りたい。

お昼過ぎくらいになって急に雲行きが・・・。
山の天気は変りやすいですね。

雪が降り出したかと思うと、すぐに吹雪状態。
船の周り視界一メートルないかな?と言う状態で、船をどっちに向かって漕いでいるのか???解らない状態でした。

そうこうしてると、陸が見えたので、とりあえず船を岸に着けて休むことに。
お弁当のおにぎりを食べようとしたとき、

山の方から物音が・・・。

そこに、いたのは、たぬきでした。

僕の持ってるおにぎりを美味しそうに見てます。
たぬきのそばには、こだぬきが何匹か見えました。

たぬきの視線が気になっておにぎりが食べれないほど、見られていたので、しょうがなく、おにぎりを少しわけてやることに、

野生のたぬきだと思うのですが、おにぎりを差し出すと取に来ました。
よほど、おなかをすかせていたのですね。

そんな、ほのぼのとしたことがあった後、吹雪も止んできて、その場所で、ニジマスを3匹ほど釣り
船小屋の方へ帰りました。

たぬきがおにぎり欲しさに吹雪?

そんなことは、ないでしょうが、やけに人に警戒心を見せないたぬきでした。
関連記事

Category: 釣り場であったホントの話

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。